図書

BACnet®システム
インターオペラビリティガイドライン
(追補)


IEIEJ-G-0008 A4判・121ページ
定価: 3,000円 (消費税、送料共別)
編集・発行: 一般社団法人電気設備学会




 電気設備学会は、2017年にBACnet2012に対応したIEIEJ-G-0006:2017 BACnet® システムインターオペラビリティガイドライン(ASHRAE135-2012)(以下, BACnet2012ガイドライン)を発行しました。また、ASHRAEからは2017年にANSI/ASHRAE Standard 135-2016(以下, BACnet2016)が出版されました。
 このBACnet2016には、今後のBACSにとって有益な機能、又は対応しておいたほうがよいと思われる機能が存在します。本ガイドラインの目的は、日本におけるBACnetでのマルチベンダーシステムの構築を容易にするために、BACnet2016で必要と想定される仕様と、電気設備学会で必要とするBACnet拡張仕様のインプリメンテーションのガイドを提供することと、BACnet2016の内容の理解を共通にするための情報を提供することです。
 本ガイドラインは、2017年に電気設備学会から出版されたBACnet2012ガイドラインに内容を追加するもので、BACnet2012ガイドラインと本ガイドラインを併読することでASHRAEから出版されたBACnet2016に対応しています。